勃起不全の希望の光「パイアグラ」と「睡眠」の必要性

勃起不全の特効薬としてパイアグラは有名なのですが、勘違いしてはいけないのが、パイアグラは勃起不全を治療してくれるわけではないという事です。パイアグラはペニス内の血流をアップさせ勃起させるという、いわば強引に一時的に勃起を促す薬なのです。決して勃起不全が完治するわけではないのです。
勃起不全を治療するためには、勃起不全となる原因を知る必要があります。ある程度の年齢を過ぎたころから更年期障害や勃起不全などの症状が現れ始めます。それは、歳をとるにつれてホルモンのバランスが悪化していることから起きているのです。特にホルモンの中でも男性の機能に関係しているのが、「テストステロン」というホルモンです。このホルモンは男性の冒険心、好奇心を高め、オスとしての本能を高める働きがあります。また、一酸化窒素を身体に供給する働きを持っています。この一酸化窒素が血管内の血流を促し、ペニスを膨脹させるのです。
このテストステロンの減少が勃起不全を引き起こしているのですが、このテストステロン減少は規則正しい生活習慣と大きな係わりがあります。特に重要なのが「睡眠」です。
規則正しい生活と睡眠をとることによって、男性ホルモンが活発になり、やがては勃起不全という問題を克服することになります。睡眠時間を確保するためには、歩くなどの適度な運動や、昼間に太陽光線を浴びることも大切です。また、就寝前にスマホやパソコンを使用しないようにする生活習慣の改善なども必要です。就寝前のパソコンやスマホの使用は脳を覚醒させるため、睡眠を妨げます。現代の生活はテストステロンの減少を引き起こしやすい環境なのかもしれません。
一時的な勃起を促すためのパイアグラの使用もやむをえないかもしれませんが、睡眠時間を確保してより良い生活習慣に改善するといった勃起しやすい身体作りも大切です。